桂田精一の自宅住所や実家はホテルの近く?

           スポンサードリンク

『知床遊覧船』の代表取締役社長を務めている桂田精一社長が連日話題になっていますが、桂田精一社長の自宅住所は桂田精一社長が 経営してるホテルの近くなのではないか?と 気になっている方が多いようですね。

また、桂田精一社長の実家も 経営してるホテルの近くではないか?と言われているようです。

桂田精一社長の 居場所が気になっている方が多いのでしょうね。今回は桂田精一社長の 自宅や実家の住所や場所等について調べてみました。

桂田精一社長の自宅住所は?

『知床遊覧船』の代表取締役社長を務めている桂田精一社長 ですが、桂田精一社長は 1963年6月29日生まれで北海道斜里郡斜里町出身 とされています。

もともと桂田精一社長は 陶芸家だったと言う事ですが、 学歴に関しては斜里郡の隣にある網走市の網走南ヶ丘高校を卒業した後、茨城県の工業技術センター窯業指導所で陶芸を 学んだようですね。

陶芸家として活躍するまでに都内でデザインの仕事にも携わっていたことがあるようです。

東京デパートなどで 何回か個展をされていた ほどの経歴のある陶芸家になった桂田精一社長ですが、 18年前の2004年に父親の家業を継ぐために斜里町に戻り 現在の経営者に転身されたようですね。

このことから桂田精一社長 の自宅の住所ですが北海道斜里郡斜里町に 現在もあると予測できます。

おそらく現在の会社の事務所の近くに住んでいると考えられます。

また、桂田精一社長の会社を運営している「知床遊覧船」の事務所の 住所はこちらのようです。

知床遊覧船の住所:北海道斜里郡斜里町ウトロ東53

この辺りは「ウトロ地区」と呼ばれており、ウトロ港の遊覧船や温泉街(ウトロ温泉)があり 観光地として人気の場所のようですね。

そしてその「ウトロ地区」には「桂田」と言う苗字の家が3軒あると言う情報があったので、この3軒のうちのどれか だと思われます。

しかし、同じ名字の方は非常に迷惑な話ですよね…

           スポンサードリンク

桂田精一社長の実家の住所は?

桂田精一社長の実家は 出身地である北海道斜里郡斜里町にあります。

もともと桂田精一社長の実家が斜里町内で観光ホテルなどを経営する「㈲しれとこ村」を経営しており、 そこを桂田精一社長が継いだ との事ですよね。

その「㈲しれとこ村」の住所も「北海道斜里郡斜里町ウトロ中島125」にあり、「知床遊覧船」の事務所と同じく、ウトロ地区にあり、実家も北海道斜里郡斜里町のウトロ地区にある可能性が高いと思われます。

さらに、桂田精一さんの父親の桂田鉄三さんは「遠音別神社」(おんねべつじんじゃ)の神主 だと言われており、

「遠音別神社」も北海道斜里郡斜里町のウトロ地区にあるので、実家がこの地区にある可能性はかなり高そうですよね!

桂田精一社長の家族は強欲一族?

桂田精一社長の 家族は週刊文春で「強欲一族」 と報道されています。一体どういうことなのでしょうか?

記事によると桂田精一社長の 家族は町議と宮司の人脈をフル活用し、知床での地位を確立しており、家族経営で「㈲しれとこ村」の運営はやりたい放題 だったとのこと。

桂田精一社長の一族は元々知床界隈では名の知れた一族で、ウトロ地区では「ウトロと言えば桂田」と言われるほどの権力を持っていた一族だった様ですね。

桂田精一さんの父親と言われている桂田鉄三さんはそんなウトロ地区で、旅館業を始め、1996年に「㈲しれとこ村」を創設しています。

           スポンサードリンク

桂田精一社長父桂田鉄三の権力アピールがヤバイ

桂田鉄三さんは2003年〜2019年にかけて、斜里町議員も務めており、自身の営む民宿「㈲しれとこ村」でも人脈と権力の強さをアピールしていました。

Q:なぜこんなに安いんですか?

A:オーナーが遠音別神社神主で町議15年目の現役議員の人脈で、地元旬の地産料理をお値打ち価格で提供できるからです。外観は無視して、お料理と温泉をお楽しみください。

しかし、この人脈と権力に勢いが付くと、桂田鉄三さんはしれとこ村拡大の為に、地主へ借金を負わせる様仕向け、土地を手に入れようとしたことが明かされたのです。

『宮司と町議という両輪で築いた人脈は、やがて斜里町の隅々まで根を張った。

「もともと『しれとこ村』の周辺の土地は、地元では知られた地主の所有でしたが、桂田一族は地主に債務を負わせ、やがて代物弁済という手続きで土地を獲得していったのです。彼らは町内の土地を次々買い占め、その後、アパートや飲食店の経営などを始めるようになった」(前出・知人)』

引用:週刊文春

かつて、しれとこ村の土地の所有者だった地主は桂田一族に対して怒りの声を挙げていたようです。

桂田さん達の一家には一杯食わされて、土地を手放さざるを得なくなりました。

今思い出しても腹立たしい限りですよ。(80代男性の証言)

明らかに地主が土地を売らざるを得ない様に仕向けており、何ともズル賢い。お金に 相当な執着がないとこのような悪知恵は働かないと思います。

関連記事はこちら↓

桂田精一のLINE(ライン)や赤ネクタイ・クジラ発言がヤバすぎる

桂田精一の嫁は美人妻!出産した病院はどこ?

桂田精一の年齢は?嫁と離婚でバツイチ!【顔画像】

桂田精一社長の経営ホテルは4つで借金がヤバかった件

桂田精一社長の陶芸家の作品画像や個展はどこでやっていた?

桂田精一社長の家族は知床遊覧船役員で社員との格差がヤバい

「有限会社しれとこ村」の会社の登記簿も暴露されており、全て「桂田」姓であることからも家族経営と見られます。

有限会社しれとこ村は桂田一族が全員取締役の家族経営会社になっており、

桂田鉄三氏は自身の経営する民宿に関係者を泊めさせたり、息子の桂田精一社長は友人らにメニューには載っていないカニを提供するなど、本当に 経営をなめたような真似をしていたよう。

こんなことをしていたらいつか経営が苦しくなるのは目に見えています。

『「町議という立場が本業を潤わせたことは間違いない。国や町の公共事業を取ってきて、作業員や関係者を自分の民宿に泊めていたことが問題視されたこともあった」(鉄三氏の知人)

「同窓会や仕事関係でばったり再会しました。そのうち彼から『親がホテル経営をしているから、うちに泊まりに来てよ』と言われ、2回利用したことがあった。夕食に本来のメニューにはない蟹を付けてくれた」』

引用:週刊文春

「有限会社しれとこ村」は家族経営で あることをいいことに、家族や身内に対して特権が強かったようです。

ほんとにめちゃくちゃの経営をされていたようですね。

           スポンサードリンク

まとめ

桂田精一社長の自宅や実家の住所について調べてみました。

桂田精一社長 の自宅や実家の住所ですが「知床遊覧船」の事務所が「北海道斜里郡斜里町ウトロ東53」「㈲しれとこ村」の住所も「北海道斜里郡斜里町ウトロ中島125」にあることから北海道斜里郡斜里町に 自宅や実家の住所が現在もあると予測できます。

調べてみると桂田精一社長一家の強欲な家族経営の事実も浮き彫りになっており、 地元民の間では めちゃくちゃな経営をしていると有名だった様子。

今回の事件についても桂田一家が桂田精一社長に対して甘やかしていた何よりの証拠ですね。

(Visited 29,148 times, 63 visits today)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)